Loading...
Latest news

キャッシング審査が甘いというのは本当か

キャッシングを利用したことはあっても、借り換えを経験した人は少ないようです。

借り換えというのは、返済期日までに間に合わないときに新しくローンを組み、そのお金で、古いほうの債務を一括繰上返済するのです。

借り換えたローンの返済日が次の返済日となるため、返済日を事実上伸ばすことが可能です。

ただ、返済日は伸びるものの、借り換えローンでは利率が高くなったり、長期返済で利息分が増えるといった点も考慮しなければなりません。

「いま」をとるか「これから」をとるかで、今後の返済計画は大幅に変わってくるはずですから、借り換えをするなら充分に考えるのが後悔しない秘訣だと思います。

急いでお金を用意しなければならない事態に巻き込まれる可能性は誰にだってあります。

そんな時には、金融機関が提供するキャッシングを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、詳しくない人にとっては、窓口や無人契約機で申し込まなければならないのかなど、心配になると思います。

ですが、申し込みはパソコンやスマホを使ったものが主流で、自宅や外出先から申し込みはもちろん、すべての手続きを済ませられるものが多くなっています。

ですから、初心者でも、簡単に申し込み手続きを完了できると思います。

名前や住所など、必要事項を入力し、送信すれば、申し込みを受け付けてくれます。

キャッシングとカードローンは同様にATMで借りることが可能なので異なる部分が見つけにくいですが、返済方法に違いが存在します。

一括払いがキャッシングの基本で、分割払いがカードローンの基本でしょう。

ですが、巷ではキャッシングでも分割やリボ払いの方法を選べるところもありますので、確かな境界線が失われつつあります。

キャッシングの、いわゆるカード一枚でお金が借りられる手軽さは、周囲に頼ることができない状況では痛烈に感じられるもので、実際に助かったという話もよく聞きます。

自分の話で恐縮ですが、遊びにはお金をかけていて給料日前は超貧乏でした。

そんなときに同窓会の誘いがあったのですが、会費として払うだけのゆとりがまったく出せない(財布に2000円)状況でした。

若い頃の苦労(貧乏)はよい経験になると言いますが、程があります。

急きょキャッシングを決定。

駅近くの無人契約機で契約し、当座の資金の確保に成功しました。

結果オーライでしたが、キャッシングがなかったらそうもいかなかったでしょう。

会社などに勤めるようになると人間関係が複雑になります。

財布の余裕がない時に断れない誘いを受けたり、冠婚葬祭などで、急にお金が必要になることも少なくありません。

親類や友人の中から融資してもらう相手を探すとなっても、そう簡単なことではありませんし、あまり良い印象は持たれないでしょう。

一方で、キャッシングを使えば、誰にも迷惑を掛けずに必要な資金を工面できます。

きちんと返済できるのであれば、キャッシングを使うのがベストです。

スピード審査が売りのカードローンでも審査はあって、なかでも本人確認の手段として在籍確認は欠くことができないもののようです。

しかし一定の条件が整っていれば在籍確認の電話を省いてくれるカード会社も出てきました。

三井住友系のプロミス、三菱系のSMBCモビットといった銀行がバックにある会社の場合、指定銀行での取引口座保有や勤務先のわかる書類(保険証・給与明細・社員証)などの提示で、電話連絡なしで審査できます。

借入金額や個人の条件等によって変わりますので、確認してみると良いでしょう。

個人で事業を営んでいる人がカードローンを使う際は、給与を得ている人とは異なって、必ずしも定期的な稼ぎがあるとは言えず、借入金額に関係なく、年間収入を示す書類の提出が必須です。

これには収受印が押された確定申告書や所得証明書の他、役所で交付される住民税決定通知書や、課税証明書など、昨年の年収が記載している書類が使われます。

何社までキャッシング会社を使っていいのかというのは意外と悩みどころでもあります

幾つかからの債務があると返金が困難となってしまいますが、どうしても融資を受けたいのなら数社利用しても問題ないと思います。

次第に条件は厳しくなりますが、審査に合格できれば利用可能です。

テレビや雑誌などでキャッシングサービスの宣伝をしていることがあります。

縁のない人からすると、どのサービスも似たり寄ったりに感じる人もいると思います。

でも、似たように見えても、実際にはお得になる特典付のサービスもありますし、、金利も同じではありません。

こうした情報を踏まえてキャッシングを利用しなければ、一度の融資ならすぐに返済できる額だとしても、借り入れがかさめば、想像以上の額に膨らんでしまいます。

近頃は、キャッシングしたい女性のために女性でも使いやすいキャッシングサービスを売りにした金融機関も増加しています。

それまでのキャッシングと比べて、電話オペレーターや対応スタッフが女性だけのところや、そもそも女性だけにサービスを提供する業者もあります。

もちろん、金利は一般のキャッシングと変わりません。

ですが、わけありの事情も同性の方が話しやすいということもありますし、キャッシングを秘密にしたい場合は女性の名前で電話をかけてくれるため、家族が電話を受け取っても不審に思われにくいというところも、嬉しいポイントです。

はじめてキャッシングを利用する人が悩むのは借入先選びのようです。

それなら信頼性の高い銀行系を利用してはいかがでしょう。

他と比べて低い利率や、500万円までといった融資枠の大きさは、銀行系ならではの利点です。

資金に余裕のある銀行が後ろ盾になっているので、貸金業としての堅実さがうかがえます。

デメリットといえば、審査にやや時間がかかることぐらいでしょう。

ユーザーの声などをウェブで集めてみて、借りやすそうなところを探すのがポイントでしょう。

キャッシングとカードローンは、同じだとその違いががわからない人がいるかもしれませんが、実際には違います。

一番の違いは返済の方法にあり、キャッシングは一括で払うのが一般的で、ほとんどの場合が分割払いなのか、カードローンという具合です。

つまり、ちょっとだけお金が必要なときには、キャッシングを選んだ方が賢明かもしれません。

借り入れ審査に通らない人というのは、基本的に所得のない人です。

自分に所得があるということが絶対に満たさなければいけない条件ですから、その要件をクリアしていない場合には使用できません。

絶対に稼いでから申込みをするようにしましょう。

それに、たくさんの借金がある人も、審査ではNGが出るでしょう。

最近始まったマイナンバー制度ですが、今後は利用範囲が金融関係にも広がるため、今、家族に内緒でキャッシングをしている場合、借入状況がマイナンバーによって紐付けされ、家族に隠せなくなってしまうのではと不安に思っているという話も珍しくありません。

確かに、マイナンバーは将来的にすべての個人情報を関連付ける予定なので、金融機関からの借入状況も関連付けられると思ってしまいますよね。

ですが、マイナンバーで借金の情報が個人情報に紐付けされることはありません。

自己破産の過去ですら、その情報がマイナンバーに関連付けられることはありませんから、安心してください。

とはいえ、マイナンバーから借金がバレるようなことはなくても、ローン契約の際にどこの業者とも契約できないなどが原因で意外なところから借金が発覚するケースは珍しくありません。