住宅ローンの申し込みと審査について

住宅ローンを申し込みすると思います。
ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。
支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険の審査申し込みも進められます。
この保険は、申請者に何かあった場合借金がなくなる。
という保険です。
マイホームの資金調達として役立つ住宅ローンを借りる予定のある方に、便利なボーナス払いを利用する前に必ず注意して下さい。
思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。
ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。
なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、ことのほか少ないという調査結果も出ています。
それでもまとめて返済をしたいという方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。
万が一、住宅ローン申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。
35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。
それにより、確実に通る。
といった様な簡単なものではありません。
不合格になってしまう人もたくさんです。
よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が最低ラインと言われています。
夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそういった方には、安い中古物件の住宅ローンはどうでしょう。
ただし注意しておきたい点がいくつかあります。
お金を返す期間が通常と比べて短くなる可能性がある点です。
これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。
安価な価格で購入できる利点もありますが、しっかり調べないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。
古い物件だと改装することもあるので、その工事費も合わせて総返済額がいくらいになるか、事前に確認しておきましょう。
これから住宅ローンの支払いを長い間していると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。
繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすることによって、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。
家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金繰りの事ではないでしょうか。
多くの方は、銀行などから住宅ローンを返済している時に失業した場合残ったローンをどのように返していったらいいのでしょうか。
問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。
第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。
辞めることになった原因は、会社にあるのか自分にあるのか、理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。
会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますので再度、就職するために探しながら返済もしていけると良いですね。
注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、まず何を第一にすべきかを考え行動しましょう。